推しがアイドルを辞めない

わたしには3人の推しがいます。

それぞれ舞台俳優、アイドル、今市さんはなにかな、アーティスト?歌手?とにかく3人です。

そのうちの1人、アイドルの推しがハロー!プロジェクト所属グループ、アンジュルム和田彩花(以下あやちょ)さんです。

 

昨日。2018年4月5日。あやちょはブログで、2019年春ツアーをもって所属グループであるアンジュルムおよびハロー!プロジェクトから卒業することを発表しました。

 

ツイッターを開いたわたしの目にまず飛び込んできたのは、アンジュルム公式アカウントの

アンジュルム 和田彩花の卒業に関するお知らせ」の文字。

わかりやすすぎて笑っちゃうね。あんなに若手俳優のブログタイトルの「お知らせ」にみんな「●●のお知らせ」って書いて!ってドキドキしてるのにね。こんなにそれ以外あり得ないなんて、これはこれで可笑しくなっちゃうね。

涙がドバッと出てきて、文字がボヤァ〜っとして見えない。でも間違いなく卒業って書いてある。あぁ、ついにきた。わたしの推しの順番がきてしまった。そう思いました。

 

常々わたしは、あやちょは2019年の春には卒業するかもしれないと言ってきました。どこかであやちょは大学院に行ってるって見て、じゃあ大学院を卒業するはずの来年もしかしたら、って思ってたから。言葉にして、それなりの心づもりをしとかなきゃって自分に言い聞かせてきました。

でも実際その現実を突きつけられたら全然違った。勝手に涙がドバドバ出てきて、わんわんあやちょが卒業しちゃう〜〜〜って家族に言いにいった。

それから漸くちゃんと事務所のお知らせを読みました。

 

‪​アンジュルム 和田彩花の卒業に関するお知らせ http://www.helloproject.com/news/8379/

最後の方にある「卒業しても「アイドル」でいたい」の文字を見て、まじまじと見て、続きを読んで、大慌てで先にツイートされていたあやちょのブログを見に行きました。

長いけど、どうか読んで欲しい。

https://ameblo.jp/angerme-ayakawada/entry-12366075751.html

 

あやちょはハロー!プロジェクトがだいすきで、美術がだいすきで、ちょっと(結構?)変わった女の子です。2016年の年末に就任して以来ハロプロリーダーも務めています。

わたしは全然、この2年くらいのあやちょしか知りません。マメじゃないから2年間のことも全然って言っていいくらいわかってないです。でも、大好きです。

かわいくって、ちょっとめちゃくちゃで、喋り出すとびっくりさせられちゃうところ。でもやっぱりとびきりかわいいところ。わたしには一番輝いて見えます。推しってそういう存在だと思います。

 

そんなあやちょだから、ずっといつかあやちょにも卒業の順番がきて、そのときあやちょはどうするんだろうって思っていました。ハロー!がだいすきでハロー!に入って、言い方悪いけど、アイドル以外できるの!?ってくらいめちゃめちゃにアイドルなあやちょは、卒業したらどんな未来を歩くんだろうって。

美術がだいすきで、大学院まで行ったんだから、学芸員かな!?とかね。考えました。

でも想像するだけなんです。「アイドル」ではなくなった、あやちょじゃない、和田彩花さんは、わたしの知らない女性なんですもん。

 

そう思っていました。

 

推しの定義って、人それぞれにあると思います。

わたしの中の推しって「その人がそれを真摯に続ける限り、わたしの人生を通して応援したい人」です。

舞台俳優、アイドル、アーティスト。どう考えてもアイドル、それも女性アイドルという「卒業」が付き物のあやちょが、いちばん最初にそこから離れていくんだろうなと思っていました。でも同時に、どうして?って思わずにはいられませんでした。

 

アイドルって、男性も女性もいます。男性アイドルって、30歳になっても40歳になってもアイドルじゃないですか(偏った考えだったらすみません)

それだけじゃない。昔の女性アイドルの皆さんは、今でもあの頃の延長線上みたいに、アイドルじゃないですか(これも、偏った考えだったらすみません)

数が増えたとか、次世代に繋げるとか、なんかわかんない、わたしにはわからない理由があるのかもしれません。でも、いいじゃん、別に、最近の女性アイドルだって、30歳になっても、40歳になってもアイドルでいいじゃないですか。どうして卒業が付き物で、アイドルに終わりがこないといけないんだろう。

いろんなアイドルの卒業発表を見ながら、いつもそう思っていました。

 

卒業って、すっごくすっごく特別なものだと思います。2017年12月11日に卒業した工藤遥ちゃんの卒業公演、とってもいい卒業公演で、涙が止まりませんでした。ほんとに、みんなに見て欲しいくらいです。

他にもいろんなアイドルが、わたしが知ってる人も知らない人も、見た公演もそうじゃない公演も、数えられないくらい卒業していて、きっとみんな素晴らしい公演なんだと思います。

 

それもわかってて、でも、やっぱりどうしてなんだろう?って思いは消えません。

こんなことわたしが言ったってどうしようもないし、みんなもきっと思ってるのにね。

 

あやちょのブログは、わたしにとって、大切な推しからの答えでした。わたしの大切でだいすきなアイドルが、その身を以て、自分の言葉で、難しい心の葛藤を伝えてくれました。

自分の中でどうして?って気持ちが消えたわけじゃないけど、うん。って、なんか、うまく言えないですけど、うん。うん。って頷きました。

それからね、それから。だいすきな「アイドル」の推しはずうっと「アイドル」でいたいと言ってくれました。

 

この選択がもし全然別の、それこそ一般人として生きていく、というものでももちろん応援しました。それに、前向きな卒業だからって寂しいって気持ちが消えるわけじゃなくって、勝手にぽたぽた涙出てきて完全に昨日から危ない人です。

でもね、わたしのアイドルは、ずっとステージに立ち続けたいと言ってくれたんです。30代になったとき1人でステージで歌って踊っていることが次の目標だと教えてくれたんです。

繰り返しになりますが、わたしにとって推しっていうのは「その人がそれを真摯に続ける限り、わたしの人生を通して応援したい人」です。

 

あやちょは、わたしの人生です。

 

推しが天使になりまして

尋常じゃないくらい動揺してる。

まずはこれを見てほしい。長らく書いてなかったしもう書くことないかなくらいに思ってたブログに手をつけるくらいには動揺してる。

これなんですけど

https://instagram.com/p/Be9xDQGFonE/

え…………やば………えっ…?明らかにヤバい。ヤバすぎて、ヤバい以外の語彙力がなくなった。えっ?こんなの、ヤバヤバのヤバじゃん。

現実?現実ですか?これ?いや現実のわけがない。だって羽生えてるよ?羽だよ?羽。現実じゃありえないでしょ。

…………えっ???やっぱり生えてるよね羽???わたしだけ?わたしにしか見えてない?もしかしてこれ金曜日の疲れが生み出した幻覚だったりする?

 

震える手と混乱する頭でTwitter開いたらみんな「羽が……生えてる……?」って言ってた。やっぱり生えてんじゃん。えっまじか…まじで言ってんのか?

いやいやそんなまさかそんな。共同幻想ユートピア(引用:リリウム少女純潔歌劇)じゃない?それ?みんなで同じ夢を見てるんじゃない?

 

……………いや、やっぱり生えてる……。

 

最早これを現実と受け止める他ない。あまりにもしんどい案件すぎてしんどいけどこのしんどさを超えなければ2/16のAngleリリースにはたどり着けない。

皆さん今市隆二さんのソロ第二弾「Angel」は2/16配信なのでよろしくお願いします。

第一弾「ONE DAY」はこちらから聞けますし見れます。わたしはR&Bどころか音楽まったく詳しくないけど、これがめちゃめちゃに良いことはわかる。本当にめちゃめちゃに最高なので、よろしくお願いします。

RYUJI IMAICHI / ONE DAY (Music Video) https://youtu.be/Yu3gqLFVd_Q 

 

今までの人生で推しアイドルが吸血種になったり、推し俳優が吸血鬼になったり死神になったり犬になったりしてきたんですけど、そういえば推しが天使になったのは初めてだった。

えっ…天使なんだけど…。

 

これは去年の9月に今市さんを好きになってからずっと感じていたことなんだけど、今市さんって…言い方悪かったら申し訳ないんだけど、メチャメチャ宗教感あるなと感じていて、わたしもたまに(人間じゃないかも…)と思う。

すぐ話が脱線するけど、今市さんの宗教感を感じたい人は一度でいいからLIVEで今市さんが「皆さんの日々がいっぱい輝きますように!」と満面の笑みで言うのを見て欲しい。本当に一瞬にして自分の人生捨てたものじゃないなと思えるので。そっくりそのままご本人にお返ししたい。今市さんの日々がいっぱい輝きますように。

それからAll LOVEを聞いて欲しい。

今市隆二 All LOVE https://youtu.be/W2eWo19SOAY

All LOVE 歌詞 http://j-lyric.net/artist/a057818/l03485e.html

 

よくTwitterでも今市さんのことを天使って言ってるのを見た。わかる。

わかるけど、だからこそ「でもこの人、人間なんだよなぁ…」っていうのが(当たり前のことなんだけど)めちゃめちゃに良くて、なにかのきっかけで天使って言葉を連想することがあっても、口には出さないようにしてきた。

してきたんだけど。

 

今日、推しが天使になりまして。

 

もうびっくりして、仕事中だったんだけど、びっくりしすぎてずっと「えっ…?」って言ってた。びっくりしすぎでえっ?以外出てこなかった。この無理みがすごい2018。

しかもその天使の羽がなんか焦げついてるっていうか、なんですかこれほんと…みんな正気たもってられるの?これ?少なくともわたしは無理なんだけど…なにか硬いものに強く頭を打ち付けて記憶を失いたいレベル。

自分でもなにが無理とかうまく説明できないしむしろ全然無理とかじゃなくって磯野ー!飲みに行こうぜー!って玄関先から大声で今市さん好きな方を誘って朝まで飲みたいくらいなんだけど、いざあの画像を前にすると「ぅゎ…むりじゃん…ヤバ…」しか言えなくなってしまうんだ……。

 

MVの演出になにそんな動揺してるんだって話なんですけど、本当にめちゃめちゃにどうようして、心が追いつかなくってどうしようもなくってブログにワーッて書いた。

こんなまとまりのない文章を読んでくれた方、ありがとうございました。

 

今市隆二さんのソロ第二弾「Angel」は2/16配信です。

 

2018/02/09 はせがわ

三代目J Soul Brothersの話

昨日のブログを読んだ友だちがメンバーどんな人?って気にしてくれた。うれしい。うれしいのでブログに書こー!と思った。

主観と主観と主観とハマりたてでまだあんまりちゃんとわかってない人間の書くことなので、いろいろ間違ってても許されたい。

 

J Soul Brothers - Wikipedia

わたしも最初不思議だったけど、三代目J Soul Brothersが三代目なのは、本当に初代と二代目がいたからだった。

ここはあんまり長々とは書かないけど、初代J Soul Brothersはその後EXILEになって、二代目J Soul Brothersは後にEXILEに加わったらしい。現メンバーのNAOTOさんと小林直己さんは二代目からのメンバーで、三代目になってふたりでリーダーをつとめてる。

 

その2人を含めた7人で三代目J Soul Brothers

たった7人なのに最初まったく見分けついてなかったけど、実際全然違うから興味を持つって大事だなって感じた。あとフォーメーション?っていうのかな。基本同じ並びだからそれを知ってれば6割把握出来る。ありがたい。

1人ずつ主観と主観と主観で紹介するよ!

 

 

①NAOTOさん(リーダー&パフォーマー

リーダー。すごいリーダー。リーダーみがありすぎて、この人がリーダーだろなって思ったらやっぱりリーダーだった。わかる。

NAOTOさんはパフォーマンスも、舞台裏映像とかでおどけてるときも、なんかババーン!って感じ(?)楽しむこと、楽しませることに器用な人なのかな。って思う。

お話してるときも踊ってるときもブレない。いつもメンバーと楽しそうにしてて、でも視野が広そうで、ワイワイしてても抑えどころをわかってる感じ。冷静と情熱の間。

でも笑うとふにゃ~~~って感じになるからこっちもふにゃ~~~~~~~ってなる。あと服装がすき。めっちゃ似合ってる。もしかして、完璧なのでは?

 

小林直己さん(リーダー&パフォーマー

(リーダーなおなおなのめっちゃかわいいと思う)

直己さんはNAOTOさんとは逆で、パフォーマンス時と平常時の違いに驚いたというか。踊ってるときバキバキすぎてど、どえぇええ~~~~~~~!となるのに対して平常時の「そこにいてくれるだけで」感。

存在感がすごくて、身長が高いとかいろいろ要素はあるなって思うけど、個人的に、パフォーマンス力強すぎで賞を贈りたい。いやすごい。なんかもう遠隔で体当たりされてる。

それからよく脱ぐ。いや脱ぐっていうかもう最初から前面には布がない。布がないのでこれでもかとバキバキの体が晒されてて、また体当たりを食らう。すごい。

 

リーダー2人のバランスの良さというか、そういうの感じる。

 

 

③ELLYちゃん(パフォーマー

お誕生日おめでとうございます。

ELLYちゃんかわいい。ちゃんとしてる優しい赤ちゃんって感じする(?)舞台裏映像の「おやすみ~」の言い方がすごいかわいい。かわいい。

やりたいことをやらせてもらって、それに感謝の気持ちを素直に表現できて、メンバーとわきゃわきゃしてると楽しそうで、偉い。かわいい。愛されを感じる。愛されている子は本当にかわいいな~~~~!はぁ~~~~!

さっきからかわいいしか言ってないけどELLYちゃんがなにしてもかわいく見えるのでELLYちゃんかわいいしか出てこない。かわいい。

 

山下健二郎さん(パフォーマー

沼を感じる。

健二郎さんはやばいとわたしの本能が告げてる。

優しさが全身からオーラのように出てる。みんなが健ちゃん健ちゃんっていうのわかりすぎる。京都の方だからはんなりした感じでしゃべるのめっちゃ良い。大阪公演になると面会でいないのかわいい。

基本的にわたし「かわいい」って感情が先行するので、すぐかわいいって思いがちなんだけど、健二郎さんめっちゃかっこいいって言っちゃう。あのね、健二郎さんかっこいい。絶対沼。

 

⑤岩田剛典さん(パフォーマー

コブラさん!!!!!!

ロダンスで何度も腕振り下ろすのめっちゃすき。顔がいい。舞台裏とかでもあんまり率先して喋ってる印象ないけど、楽しそうにニコニコしてるのかわいい。顔がいい。顔の印象に比べて声が低くて、たまにびっくりする。顔がいいので舞台裏映像でカメラのスイッチを切るためにアップになったときにひぇ~~~~~~!!!!!顔がいい~~~~~!!!!!と叫びだしたくなる。

あんなに顔がいいのにそこに留まらずになんかすごいヤンチャ。無限の可能性を感じる。あと服装がすき。似合ってる。

顔がいい~~~~~~~~~~~~!

 

 

(今気づいたけどこれって紹介じゃなくてわたしの今の印象だね)

 

 

登坂広臣さん(ボーカル)

登坂さん。「おみ」ってあだ名めっちゃかわいい。「おみ」ってやばない?やばい。わかる。

顔が彫刻のようだ。本当に顔が綺麗で、何時間でも見ていられると思う。美人は3日で飽きない。

あんなに彫刻みたいな顔してるのにすごいふにゃふにゃしてて、なんかピタッて止まってない。ふにゃふにゃっとしてる。手が出ない。萌え袖の三十路。でも違和感は仕事しない。すごい。すごいしか言えない。あと一番メンバーに触ってる気がする。

萌え袖とか顔の前?顔にあてて?ピースするのとか女子高生かなって思うけど、三十路なの本当にすごい。でも許される。だって顔が彫刻みたいに綺麗で、ふにゃふにゃしてんだよ…?

とりあえずみんな、METROPOLIZ初日公演後の舞台裏映像を見て欲しい。

 

今市隆二さん(ボーカル)

これWikiの記載順に書いてたんだけど、⑥⑦ちょっと変えた…。

いやなんかもうここいる?いるかな?いるかな?って感じする。もうちょっと無理。無理じゃない。

あのね~~~~~~~~~…かわいいじゃん…かわいいよね…うん…。

もうなんかかわいすぎてさ、最近っていうか最近もくそもないんだけど、最初はかわいいからサングラス外すのすごい待ってたんだけど、最早しんどいのでサングラスをかけていていただいた方が心が落ち着くので…みたいな…そんな感じ…。

昨日アルバムの「THE JSB WORLD」iPhoneに入れたので今日通勤時間に聞いてたんだけど、3秒に一回くらい声かわいすぎてあ~~~~~~~~~~!!!!ってなった。あ、あとLIVEで白いタンクトップ着てるとき、横から見た体がめっちゃえっちでね。いやなんかもうどうすんの?って感じ(?)

笑顔かわいいかわいい言ってるけど、普通の顔(?)してるときも目くりくりして口ツンてしててかわいいし、顔がかわいいから髭とかで誤魔化してるのでは?って思ってるんだけど、そのツンてした口に髭がチョコンて乗ってるみたいでいや逆にもうかわいいし、ONサングラスの安心感から抜け出せないこわい。かわいいが暴走してる無理。

ちょっとキリがない。

 

昨日のELLYちゃんのお誕生日会の映像で登坂さんのこといじってたやつかわいすぎてめっちゃ再生した。ジャニーズに育てられたオタクなので、シンメとかコンビとかやばい。いやみんなそうでしょ。ツインボーカルという仕組みが最早やばい。かわいい。

 

 

友人向けに紹介するつもりだったのに全然紹介になってない。読んでくださった方、ありがとうございます。

ついでにもしカラオケに入ってて、友人に見せるのにオススメのMVあったら教えてください。わたしはJ.S.B. LOVEのMVめtttttっちゃすきです。登坂さんうさぎさんみたい。


三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE / J.S.B. LOVE

 

 

2017/9/21 はせがわ

今市隆二さんに心臓掴まれた話(長い)

あなたは今市隆二さんを知っているだろうか。今市さんは三代目J Soul Brothersツインボーカルのひとりだ。

 

9月のある日、姉がわたしにこう言った。

「はせ、HiGH&LOW(以下ハイロー)を見るといい」

こういう風に気軽に、いいなと感じた作品を勧め合うのは割と日常的なことで、わたしは見る見る~と二つ返事で頷いた。

 

わたしも姉も好きなものが多いオタクで、アニメや漫画やゲームが好きだし、ジャニーズやハロプロのアイドルが好きだし、ここ数年一番せっせと通ったりしているのは、最近流行りの若手舞台俳優が出ている舞台だ。

好きなものはいくらあってもいいと思っていて、時間とお金に余裕があればヒョイっと現場に行ってみたりする。

軽率な方のオタクだ。しかも割と。

 

姉とは普段同室で過ごしている。

8月の終わりから数日、好きな舞台の新作を観に姉は兵庫から東京へと旅立っていった。その期間を悠悠自適に過ごし、9/3に帰宅した姉を迎えたわたしに彼女は「HiGH&LOW THE MOVIE」を見たことを告げた。

 

 「HiGH&LOW THE MOVIE」はハイローシリーズの映画一作目だ。

わたしはドラマや映画にはあまり手を出していないが、その存在は知っていた。窪田正孝くんがいいらしい。最新作の映画にはわたしが見知った若手舞台俳優が何人か出ているらしい。それから、わたしは全てではないなりに特撮も見ていて、仮面ライダー鎧武で主人公を演じていた佐野岳くんが頑張っているらしい。

元々それらの理由から新作の映画を観たい気持ちがあった。でも詳しい友人が言うにはドラマが2シーズンあって?映画も今作より前に2つ?ハードルが高い。そう感じて結局観ないまま。

 

姉は帰宅後dTVに登録し、ドラマHiGH&LOWを一気見していた。そして2日後の9/5夜。ハイローに片足突っ込んだ女の顔をして、わたしにハイローを見ることを勧めた。

二つ返事で応えたわたしの横で姉がハイローのドラマ1期1話を再生する。ところでハイローってどんなんだろうか。実際、そこからわかってない。やんちゃな男の子たちの抗争?ごくせんみたいなものかな?いやたぶん違う。いい声で流れる冒頭の説明を聞きながらそんなことをぼんやり考える。

 

それから3日かけて映画まで一気見した。

端折るが、ハイローはとても楽しく見た。愉快なコンテンツだった。なんといってもお金がかかっている。お金をかければいいということはないが、お金がかかっているものはできることも多い。ハイローは、お金がかかっていてすごい。すごいお金がかかっている。たのしい。そして顔がいい。キジ―ちゃんがかわいい。

 

にわか知識で、ハイローにはEXILE系の人たちがたくさん出ると知っていた。

しかしこの時点でのわたしのEXILEの知識と言えば、EXILEって…チューチュートレインで…ATSUSHIさんとか…TAKAHIROさんとか…くらいのものだ。それから、ジャニーズが好きなため、藤井姉妹のことは知っていた。

どちらかといえば男臭い感じが苦手だった。ジャニーズとか若手俳優にはあまりない感じ。

ハイローにも系列の方がたくさん出ていたようだが、正直TAKAHIROさんと、仮面ライダーエグゼイドに出ていた小野塚勇人くんしか知らなかった。あとの人はサッパリわからない。ちょこちょこ知っている俳優さん以外は、全員EXILE系列の人にも見えるし、全員関係なくも見える。わからない。姉もわたしと同じくらいの知識でしかないため、わからないままハイローを見終わった。あぁ楽しかった。

 

新作映画をいつ観に行こうかと考えていると、姉が今度はLIVE映像を見始めた。聞くと「HiGH&LOW THE LIVE」とのこと。

チラッと見たところハイローというよりはハイローの曲も歌うEXILE系列のLIVEという印象。なるほどジャニーズでいうところの年越しコンサート、ハロプロでいうところのハロコンか。と勝手に納得する。

一週間が経過しても、姉は相変わらず「HiGH&LOW THE LIVE」を見ている。わたしと姉は普段から購入したLIVEのDVDをBGMのようにエンドレスリピートしてるので、それと同じだなと思っていた。

 

9/16になった。3連休の初日、わたしは仕事だった。18時頃になって帰宅すると、姉がわたしのPCで「HiGH&LOW THE LIVE」を見ている。なんとなく、ぼんやりとではあるが、わたしも一緒に見てみることにした。

この数日である程度の知識を手に入れた姉が横から説明してくれる。「このひとはコブラさんだよ」「この人はロッキーさんだよ」なるほど。なるほど。と聞いていたが、正直わからない。当たり前だがハイローに出てる状態とは髪型も服装も違う。わ、わからない…。

 

わからないことは続く。待って、EXILEって、EXILEじゃないの?TRIBEってなに?いろんなグループがあるのは知ってたけど、EXILEとは別なんじゃないの?TRIBEってなに?あと「三代目」ってなに。

親切な方がツイッターにあげてくださったわかりやすい彼らの相関図を見ながら、姉はわたしの質問に答えてくれる。

しかしわからない。唯一わかるのは「三代目」ってところにコブラさんがいるということだけ。コブラさん。コブラさん。コブラさんはわかる。わかるのでコブラさんが映ると嬉しい。コブラさんだ!と声を上げて喜ぶ。

 

OPが終わって、「三代目」の人たちのターンになった。

「三代目」にはボーカルが2名いて、わたしが知っているEXILEと同じだなと思った。片方は雨宮兄弟の広斗だと教わって、なるほど確かにそうかもしれないと気付く。顔面が彫刻のようですね。それからこれはダンさんだ。ダンさんじゃないか!ICEもいる!このグループは知っている人が多いぞ!

ツインボーカルのもう一人の方はなんかたぶん音楽番組とかで見たことがある。このなんかサングラスで髭を生やしている顔に見覚えがある気がする。歌が上手い。

 

わからないなりに楽しんで見ていた。途中山王とかロッキーさんとか出てきて嬉しくなった。TRIBEってなんなのか教えてもらった。LDHという芸能事務所を知った。

LIVEは終盤戦に入り、TRIBEの人たちが歌って踊っている。わかる人が増えたので最初よりも楽しい。しかしわかるはずのサングラスで髭の人がいない。せっかく履修したのにいない。あの人はTRIBEではないのかと姉に問う。

 

「いやいる。サングラス取っただけ」

 

簡潔でわかりやすい返答だった。

姉は「特徴的な声だからきっとすぐわかるようになるよ」と言い、次にその人が映ったときにこの人だよと教えてくれた。おや、サングラスを外すと意外にかわいらしい顔をしているんだな。これは顔のかわいらしさを髭とかでちょっと誤魔化そうとしているタイプの人では?と勝手に想像する。

わかるようになったので、その人が映ると先ほどのコブラさんよろしく「あ、髭の人~~」と口にする。 某アイドルたちの年越しコンやハロコンに比べて、そこまでメインの人数が多くないので割と何度も映る。髭の人は楽しそうだ。いいことだ。

 

悠長に構えていた。先に書いた通りLDHに苦手意識を持っていたのもあって、その印象はだいぶ薄れたものの、ハマることはないな~なんて考えて、ふわ~っと楽しんでいた。

忘れていた。自分はハマるときはいつも、転げ落ちるなんてもんじゃなく、急転直下。真っ逆さまにブチ落とされるということを。

 

髭の人が目一杯に笑った。微笑むとかじゃなく、目元がくしゃっとなって、白い歯を見せて笑った。

 

心臓がギリギリッとした。

一体どうしたことか。頭の中が先ほどの笑顔でいっぱいになる。これは?いや、むしろ今のは誰か。LIVEの冒頭「三代目」としてパフォーマンスをしていた彼は、どちらかというとサングラスや魅せ方で高圧的な印象さえ受けた。が、これはどうしたことか。今のはなんだ。幻でもみたのか。

混乱している間にまた満面の笑顔の彼が映る。くしゃくしゃ。ヒィ、たのむ、もうやめてくれ。心臓がつぶれる。

胸を押さえながらなんとかLIVEの終演を見届ける。姉にあの人は誰かと問うと、ハイローに出ていない彼を、あの親切な方がツイッターにあげてくださったわかりやすい相関図から探してくれる。

わかりやすい相関図にはこうある。

 

「笑顔がかわいい」

 

わかる。

 

名を今市隆二さんというらしい。いまいちりゅうじさん。いまいちりゅうじさん。名前までかわいいとはどうしたことか。

 

姉は岩ちゃんさんや登坂さんに興味を持っていた。dTVには他に三代目J Soul BrothersのMVやLIVE映像もあった。残りの連休の過ごし方が決まった。

寝てるとき、ご飯を食べてるとき以外は三代目J Soul Brothersの映像を見ていた。dTVはすごい。ありがとうdTV。

ただし問題があった。MVはさておき、LIVE映像でも彼らはあまりメンバー同士でわちゃわちゃしない。オタクはメンバー同士のわちゃわちゃが好きだ。間違いない。例に漏れずわたしも好きだ。しかしわちゃわちゃしない。

見ていればわかるが、彼らにはすることが多い。ずっと歌ってるしずっと踊っている。そうでなければ移動している。わちゃわちゃしている暇などない。わかる。でも見たい。

 

過去のバラエティの映像を検索してみた。あんまり出てこない。出ていないのか、管理的なことなのかはわからないが、わちゃわちゃには辿り着けない。辛い。

 

17日夜、彼らがツアーで大阪にいることを知った。

わちゃわちゃしているのが見たい。配信されているLIVE映像にはMCなどはないが、現場ならMCでわいわい喋る姿が見られるのかもしれない。見たい。

 

9月19日。わたしは京セラドームにいた。親切な方に譲っていただいたチケットと購入したフラッグを握り締めて座席についた。

席はステージ真横の上段で、決していい席とは言えなかったが、入れただけで十分だった。現場はいい。例え今日わちゃわちゃが見られなくても、現場に勝るものはない。現場だからこそ気づくこともある。冷静になれたりする。

この時点で三代目J Soul Brothersを知ってから3日後のことだった。頭が馬鹿になっていて、チケットを譲っていただくまで時間の感覚をすっかり失っていたが、思えば3日しか経っていなかった。(でも感覚があったとしても、このタイミングで自分がよく行く会場で彼らがLIVEしていると聞いて、行かないという選択を取ったとは思えない…)

 

LIVEについては詳しく書かないけど、楽しかった。ステージ横ということであんまり顔が見えなくて、めちゃくちゃ残念だったけど、その分動きに集中したり歌を聞くことにした。思っていたよりも声が高い。かわいい。動きもかわいい。つまりすごくかわいい。

アイドルのコンサートに慣れているせいで最初は違いに戸惑ったりした。でも最終的にとても楽しかった。帰り道、しみじみとその気持ちが湧いてくる。

楽しかった。かわいかった。

 

帰宅して、三代目J Soul BrothersのLIVEのチケットの取り方を検索してみた。いろいろある。いろいろすぎて、全然わからない。でもとりあえずこのファンクラブ?が最速先行なんだねオッケー!

入会した。

 

終わってしまったと寂しくなった。12月の大阪公演も見に行きたいが、一旦はここでわたしが今できることは粗方してしまった。後はMVを見たり曲を聞いて、まだあまり覚えられていない曲を履修することか。そう思っていた。

 

今日、仕事中にEXILE chというものがあることを知った。即登録した。まさか…?と思いながら、一番過去の舞台裏映像から再生してみた。

 

わたしが求めていたものはそこにあった。

 

これがすっっっごいコンテンツで、本当にすごい。わちゃわちゃしている。楽しそうにメンバー同士で笑っている。ポッキーを食べている。プリッツを食べている。多幸感がハンパない。すごい。まだちょっとしか見てないけど、映る今市さん全部ニコニコしてる。すごいめっちゃかわいいあたまおかしくなりそう心臓痛い。

 

まだわたしにはこの映像が残っている。考えたら、ハイローの新作も観ていない。まだまだ新しいものを楽しむことができる。未来は明るい。うれしい。

 

全然知らなかったし、むしろ苦手意識さえ持っていたのに、あの瞬間笑顔ひとつで心臓を鷲掴みにされてしまった。新しい扉を開いてしまった。

好きなものばかりの人生にまたひとつ好きなものができて、楽しみが増えた。ありがとうハイロー。ありがとう三代目J Soul Brothers。ありがとう今市さん。ついでに姉もありがとう。

今市さんの笑顔は世界をハッピーにすると思います。

 

最後作文みたいになったけど、ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。EXILE ch見ます!

 

 

2017/9/20 はせがわ